「セックスレスなんです」

というご相談を受けることがあります。

「その気」になれなくて、いつの間にか相手との微妙な距離が出ているにもかかわらず、見て見ぬ振りをしてしまう。

相手が求めてきても、理由にならない理由をつけて断ってしまう。

そのことに罪悪感を感じて、なおさら相手との微妙な距離にできた「溝」が深くなってしまう。

そんな思いをしたことはありませんか?

相手を、一人の男性として、女性として、魅力を感じ体の関係を持ちたくなるのは自然なことです。

その裏返しで、体の関係を持ちたくなくなったら、どういうことになるのか。

別れた方がいいというサインだと思いますか?

変わってしまったのはあなた

多くの人は、自分の感じ方が変わってしまった理由として「相手の変化」を挙げます。

わがままだ

太ってきてしまった

約束を守らない

数え上げればきりがないくらい、理由を挙げることができるかもしれません。

しかし、本当にそうでしょうか?

相手が変化したことにではありません。

相手がわがままになっても、太っても、約束を守らないことがあっても、相手を愛し続ける人がいることも事実です。

相手が変わっても、その変化を受け入れて変わらぬ愛情を注ぐことができる人がいます。

そこまで愛情を注いてくれる人を、大切に思わない人がいるでしょうか。

そこまで愛してくれる人のために、変わろうと思わない人がいるでしょうか。

もしいるとしたら、その人は相手と将来を共にすることはできないでしょう。

変化した相手を、あなたは受け入れようとしているでしょうか?

相手が変わることばかりを求めて、自分がどう変わるべきなのか考えてみたことはあるでしょうか?

もし、今までなかったとしたら、今がそのチャンスかもしれません。

変わってしまったのはあなたであることを受け入れることができたとき、何かが変わり始めます。

別れるのは簡単だけど

目の前の相手と別れるのは簡単です。

ただ、簡単な道を選べば、これから先同じことを繰り返してしまうことを覚悟しましょう。

別の相手に出会っても、同じように感じるようになり、また別の人を求めるようになります。

そんなことをしていていいのですか?

結果として別れることになったとしても、関係性を良くするために、あなたにできることをしてみても遅くはありません。

目の前にいる相手に対して努力することができないのに、別の人と良い関係性を築くことなどできません。

ならば、目の前の相手に対して、これ以上できないというくらい愛してあげましょう。

その姿勢が相手に響いたとき、何かが変わり始めます。