以前はコンパや街コンなどが主流であった出会い。

今も行われていますが、近年ではネットを経由して出会いを求める人も増えました。

「会ってからお互いを知っていくよりも、データとして予め分かっている方が良い」

と考える人が増えていることもあります。

ネットでは、恋人や結婚相手だけでなく、同じ趣味を持った人をマッチングさせるサイトやスマートフォンアプリなども作られています。

わざわざ特定の場所に出向かなくても、気軽に探している相手を見つけることができるので、利用する人が増えています。

ただ、ネットでの出会いに抵抗感を感じる人も少なくありません。

それは、顔を合わせたことがないことを利用して、詐欺などの犯罪に利用されることもあるからです。

出会い方にこだわりますか?

出会いを求めている人は多くいます。

しかし、最近は異性と交流を深めることが難しい社会になっているとも言えます。

「◯◯ハラスメント」と定義される言葉は数多くありますが、「セクシャルハラスメント」は中でも一番最初に言われるようになった言葉の一つです。

相手の女性が不快に感じることであれば、すぐに

「それセクハラでしょ!」

と言われかねない時代です。

リアルで出会っても相手のことを何一つ知らなければ、話も弾みませんし、失礼なことを言ってしまえば最後、訴えられる可能性もある世の中です。

それを考えたとき、ネットを利用して自分の求めている人に近い人を探すことは、ある意味自然の流れであるとも言えます。

出会って「想像していたのと違う」とがっかりするよりも、相手のデータをあらかじめ知ることのできた方が、その後のお付き合いが円滑にいく可能性は高くなります。

本当に探し求めている人と出会いたいのであれば、試せる方法は全て試した方がいいとは思いませんか?

そう思って行動していると、思わぬところから出会いが訪れるものです。

大切なのは、自分で対象を狭めてしまわないことです。

最後はあなたが決めること

出会い方にこだわらないとしても、範囲を広げた分だけ様々な人と出会うことでしょう。

リアルでも、ネットでも、信頼できる人・できない人がいて当然です。

「好きだ」

「愛している」

という思いも当然あるかもしれませんが、パートナーとして長い年月を過ごそうと思うのであれば、最後に決めてとなるのは

「信頼」

になるはずです。

浮気をされてしまったら、金銭問題を抱えていたとしたら、その人を信頼することはできなくなるでしょう。

言ってることと、やっていることが一致していないと、何を信じたらいいか分からなくなります。

他人だった二人ですから、話せないこともあるでしょう。

ただ、お互いの信頼を壊すようなことだけはしないという「暗黙の了解」を守ることのできる人を選んだ方がいいとは思いませんか?

誰かに相談することは大切です。

ただ、最後に決めるのはあなたです。

相手をパートナーとして信じられるかどうか、あなたはもう答えを持っています。