「恐れ」という言葉を聞いて、あなたは何を思い浮かべますか?

例えば、幽霊やお化けにあった時は恐れを感じることでしょう。

この世に存在するということが確認されておらず、わずかな人の体験談しか拠り所がない存在に会ってしまったら、命の危機を感じるからこそ「恐れ」を感じるのかもしれません。

確かに、それも「恐れ」です。

しかし、本当の意味での「恐れ」は違います。

では、本当の意味での「恐れ」とは何でしょうか?

未開の領域が見えているからこそ

あなたが「恐れ」を感じたのはいつのことですか?

例えば、ピアノの発表会やコンクールに出場して、その出番を待っている時、どのような気持ちですか?

甲子園を目指して厳しい練習に耐えたお陰で、全国大会へ出場し、明日が決勝戦という時、どのような気持ちですか?

実際に経験したことがないとしても、想像することはできるはずです。

コンクールでいい成績を残せば、演奏家としての未来が開けます。

活躍すれば、甲子園でスカウトの目に留まりプロへの道が開けます。

いずれも、まだ見たことのない、経験したことのない新しい世界です。

新しい世界への道が開けるかもしれないとき、その世界を経験したことがないのですから、その先を想像することができません。

何も知らないのです。

知らないということは、あなたを不安にさせます。

しかし、アメリカ大陸を目指して航海した多くの人たちのように、アメリカ大陸が実在するのかわからなくても、乗り越えられた何かがあります。

信じることの力

彼らは、アメリカ大陸が実在することを信じ続けたから、辿り着くことができたのではありません。

何が起きても乗り越えられる力が自分の中にあるということを信じ続けたからこそ、新大陸を発見できるまで探し続けることができたのです。

「ここを乗り越えたら新しい世界が待っている」

それを感じた時、足がすくんで動けなくなるかもしれません。

その時、あなた自身の中に眠っている力を呼び起こす、呼び起こせると信じることが重要です。

結果が出ることを信じるのではありません。

あなたが100%の力を発揮することに集中するのです。

恐れを乗り越えるための力は、あなた次第で目覚めます。