「好きな人ができなくて、まともにお付き合いしたことがないんです」

こんなご相談を受けることがあります。

学生時代も、社会人になっても、特別親しい友達もなく漫然と日々を過ごしている。

そんな自分にどことなく危機感を感じているけれど、いまいち自分から動こうという気にもなれない。

「自分なんて・・・」

こんなふうに考えるようになってはいませんか?

好きな人のできないことが問題のように感じるかもしれませんが、実は、あなたがあなた自身をどのように見ているのかが問題です。

そのことに気づいていない人があまりにも多いのが現実です。

あなたの魅力が花開くのは

「私のことを好きになってくれる人がいないのは、私に魅力がないからだ」

多くの人はこのように考えてしまいます。

なぜ、あなたはそのように考えているのでしょうか?

仮に、過去あなたのことを振った人がいたとしても、あなたの悪口を言っている人がいたとしても、それは全て「過去」の話です。

もちろん、あなたの過去を振り返る必要があるときもあります。

ただ、それはあなたが何かの目標に手が届きそうで届かない状況が続いているとき、それまでの「成功体験」を手放す必要があるからです。

良い意味でも悪い意味でも。

しかし、あなた自身の魅力について言うとき、過去について云々することは意味がありません。

過去を取り戻すことは不可能だからです。

イメージの中で、過去の自分と対話した、あるいは過去にあなたに対してひどいことをした相手と和解したように感じていても、それは「今」感じていることです。

実際に過去の自分や相手との関係性を回復したわけではありません。

あくまでも、今、この瞬間にあなたの感じ方を変えているだけにしか過ぎません。

つまり、あなたが変えているのは、「今」「この瞬間」だということです。

あなたが「今」「この瞬間」に、自分を変えようと決意したからこそ、あなたの中に眠っていた魅力が花開き始めます。

過去が変わったからではありません。

過去に対するあなたの「今」の見方が変わったからです。

過去の出来事に関係なく、あなたが「今」「この瞬間」に最善を尽くそうと決めたことが、あなたを変えています。

そのことに気づいてください。

あなた自身を認めるからこそ

あなたが「今」「この瞬間」に最善を尽くそうとするとき、仮に結果が出ていなくても、努力する姿を周囲は見ています。

あなたの努力する姿は、あなたが思う以上に影響を与えています。

「手っ取り早く相手を変える方法はないの?」

と、あなたは思うかもしれませんが、巷に流布するテクニックをいくら使っても、それは一時的なものでしかありません。

一時的には相手を動かすことはできるかもしれませんが、いずれ効果を失います。

そして、相手はあなたから離れていきます。

なぜなら、あなたが以前と何ら変わっておらず、相手に魅力を感じさせることができていないからです。

あなたが、あなた自身のことを否定し続ける限り、過去にとらわれ、今この瞬間も過去を持ち出して生きている限り、あなたの魅力は隠れたままです。

これから先も、魅力を隠し続けて生きますか?

それは本当にもったいないことです。

漠然とでも「何かを変えたい」と思っているならば、今この瞬間にできること、したいことに最大限集中することです。

何もないなら、諦める前にまずはやってみてください。

ちょっとだけかじる程度でも大丈夫です。

あなたが本当にやりたいことならば、自然と続くようになります。

そこからあなたの魅力が花開き始めます。